皆が羨むような条件の男性は残っていない。

なかなか結婚出来ない女性に、どんな男性が希望なのか聞いてみると、
たいていは「自分より収入が上で、出来たら手取り月収は最低25万円以上、
歳は同じか5歳くらいまで上の三十代中盤まで、顔は良くなくても普通でok!
ね、こんなに妥協してるのになんで見つからないんだろう!?」と言います。

確かに飛び抜けてすごい条件は言っていませんが、実はこれって結構いてない
タイプです。
男性は一般的に女性より結婚願望が薄いので、30代前半で独身も珍しくは
ありませんが、結構願望溢れる女性がこのような男性を放っておくはずもなく
うまいこと女性に乗せられて結婚してしまっています。

結婚していなくとも、ある程度の方なら彼女がいるものです。
なので、普通の相手というのは、はっきり言って残りが少ない分、かなり
熾烈な争いになります。

その上、男性は本能的に若い女性を選びます。
これは少しでも妊娠しやすく自分の遺伝子を残しやすい相手を選ぶ習性みたいな
もので、仕方が無い事です。勿論好みもあるので絶対とはいえませんが、
20代と30代、結婚市場では全く価値が違います。
30代を越えたら、自分の素晴らしさはさておき、スペック的に無条件で
市場価値は下がったことを認識し、行動すべきです。
20代と同じ感覚でいると、勘違い女性として周りから敬遠され、
あっという間に40代です。

女性は理想を好き勝手挙げる割りに「ご自分はどうなの?」という方が多いです。
どんなに理想を言っても、そんな都合の良い男性は現れません。
現れても、あなたを好きになってくれる可能性はかなり低いと認識すべきです。

あなたが条件に合わないと思っている男性に対する感情、
男性側も思っているかもしれません。

現実を見て、今より守備範囲を広げる事で、おのずと出会いも広がります。

このブログ記事について

このページは、champが2014年3月 3日 19:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「素敵な相手と出会うには、自分を大切にして自分を磨く」です。

次のブログ記事は「理想の男性像を見直してみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.9